ごあいさつ

遊佐昇 学科主任

 明海大学外国語学部中国語学科は、本学の建学の精神である社会性、創造性、合理性を身につけ、広く国際未来社会で活躍する有為な人材を目指し、学生が大学で学んだ中国語を社会の中で如何にして生かしていくかということを中心課題として、実践的な教育を行っています。また、「充実したカリキュラムとサポート体制」をしっかりと備えていることにより、次のような特徴を挙げることができるでしょう。
 

  1. 豊富な授業数と学習サポートによる、全員を底上げする中国語教育力
  2. 国際ビジネス、多文化共生社会で活躍するための専門教育により、国際化の進む現代社会に通じる確かな知識が得られ、高いコミュニケーション能力が育成されます。
  3. 少人数でのきめ細やかな指導による個性を活かした人間形成、キャリア形成により、高い就職率が達成できています。

 
 本ホームページでは、なるべく学生自身の言葉を通して、ぜひ彼ら彼女たちの在学中・卒業後の活躍の一端をご紹介したいと思います。


歴史・沿革

 明海大学外国語学部中国語学科は、1970年に埼玉県坂戸市に設立された「城西歯科大学」が、1988年に千葉県浦安市に外国語学部、経済学部を設置し、大学名を「明海大学」と変更した時に誕生しました。開設早々の1990年に北京師範大学と交流協定を提携し、留学の機会を多く有する現在の学科の基礎となりました。


明海大学外国語学部中国語学科公式ホームページ

受賞歴:学外スピーチコンテストでの優勝、中国ツアープランニングコンテスト入賞などなど、中国語関係の様々な大会で優秀な成績を収めています!
2016年3月卒業生就職率100%:語学スキルは、観光・金融・教育・商社・メーカー・公務員などなど…あらゆる業種で行かせます。

特集

頑張る学生を応援!「充実の奨学金制度」
中国語ゼロからでもグンと伸びる!「明海メソッド」
高校や家庭で中国語に触れている方向け「ハイレベルクラス」
受験生と保護者様のためのQ&Aコーナー